スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

夏に見たもの。 

花や刺繍の写真ばっかりのところに気持ち悪い写真を投下しちゃいます。

この小さな虫を発見したときに facebook には UP 済みなんですが。
こちらにも夏の記録として残しておこうと思いまして。

今年もツリバナにたくさんの花が咲き、今は爆ぜた赤い実がたくさんぶら下がっています。
これは 7 月初旬の写真ですが・・
たくさん実が成ったな~と膨らんできたツリバナの実を眺めていると
小さな黄色い虫があちこちお散歩してるではないですか。
なにこれ・・・(・_・;)? いい虫じゃなさそうだな・・と思って調べてみたら
カメムシの子どもでした。 
カメムシといっても キバラヘリカメムシ という よく見る緑のカメムシとは
科が違うカメムシ。

キバラヘリカメムシの幼虫 ( 学名 : Plinachtus bicoloripes )
成虫は体調 2 cm 前後 
上から見ると褐色、腹部周辺のはみ出した部分は黄色と黒の縞模様。
ニシキギ科が大好きなようで、このツリバナに限らず、
マユミ、コマユミ、ニシキギ、ツルウメモドキなどによくつくようです。
要注意ですよ。
画像などはこちら → キバラヘリカメムシ
DSC05128.jpg
こんなのがうようよ。 ツリバナの実や葉に大量の幼虫が闊歩していて
ゾワワワーとしたのも今夏の思い出となりました。
( このあとしっかり駆除したよ )
DSC05131.jpg

今年はほんとにカメムシが多かった・・
多すぎて薬剤散布を庭師さんにお願いするほどでした。
結局、カメムシの繁殖時にはいくら散布してもまたどこからかカメムシが飛来、
その場しのぎになることから散布は見合わせましたが、
見つけるたびにヒィィーという悲鳴と共に私のテンションはだだ下がりとなりまして・・
追い討ちをかけるようにセミが鳴き始め例年にない園芸熱の落ち込みとなったわけです。
今シーズン最後っぽい台風 19 号が通過したら、少しずつテンション上げていこうかな。


スポンサーサイト

category: bug

tag: カメムシ    ツリバナ 
Posted on 2014/10/09 Thu. 08:58  edit  |  tb: 0   cm: 2  

うぎゃー。 

台風一過、ムシムシから一転、今朝は寒くて目が覚めるほどの気温で
朝方毛布を引きずり出すほど冷えました。
何事も極端過ぎる気候は今夏の特徴ともいえますが・・。

今日は昨日ほぼ倒木したハナズオウと、強風の中、
小一時間に渡り戯れたことで、全身筋肉痛です。 
えぇ、どこにどう力を入れたらこんなになるのかと問い詰めたくなるほど
背中から腕から、あちこち筋肉痛でして・・(ノ∀`) アチャー

それでも乱れてしまった草花や、前の保育園から飛んできた大量の木の葉や小枝、
いろんなものを起こしたり掃除したりとやることは山積していましたので、
老体に鞭打ち、頑張りました。

ツリバナの下あたりのオダマキなどの山野草エリアを
雑草抜き抜き、作業していたら、何やら頭の上あたりで
ブーーンと大きな羽音が聞こえるんです。
この間、FB 友達がたて続けに頭を蜂に刺されたと聞いていたので、
どこどこ!? (゚Д゚;≡;゚Д゚) と辺りを見回したら見つけてしまいました・・。

ツリバナの支柱に穴・・・。
こ、これはもしや、いや、絶対あれだ!
IMG_4302.jpg
ひぃーん・・写真トリミングしてアップしたら中にいるじゃん。(@▽@;; ヒィィー
目視だと中にいるの全然わからなかったし。

そうとも知らず、カミキリムシの幼虫殺す殺虫剤をぶっ刺してシュー。
IMG_4301.jpg

く、苦しいーー:(´ཀ`;
悶えながら出てきたのは、毛むくじゃらで真っ黒なあの蜂です。
380_4300.jpg
庭作業中に同じツリバナの支柱をカリカリカリカリと大きな音を立てて
穴を開けている得体のしれない真っ黒な蜂のようなものを見つけて
大騒ぎしたのが 5 月頃。 そのとき一度この蜂を退治したはずなのですが・・
愛知県内にはすでに結構な数がいるのかもしれません。

タイワンタケクマバチ ( Xylocopa tranquebarorum )
2006 年、愛知県の豊田市で発見された外来種。
国立環境研究所の 侵入生物データベース にもリストアップされています。
法的扱いとして、愛知県内での放逐等禁止だそうで、追い払っちゃあいけないということは、
見つけ次第、シューして瞬殺・・で問題ないようです。
まだ愛知県と岐阜県での発見例しかないようで、今後広がりを見せるかもしれません。
すでに長野でも見つかっているようですよ。

皆さんのところで、竹製のものに見覚えのない穴が開いていたら要注意です。

参考資料:中日環境 net エコらむ 『 中国からやってきたクマバチ 』
       この蜂が媒介するダニについても詳しく書いてくださっています。

営巣の様子
       
外来種タイワンタケクマバチの最前線  より。    

category: bug

tag: 外来種   
Posted on 2013/09/17 Tue. 14:38  edit  |  tb: 0   cm: 4  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。