スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

輝くような良い年になりますように。 

今年最後の更新です。

アメリカから取り寄せてもう 4 年目になります。
いくつかは星になり、そのうちのいくつかは、地に、鉢にと
あちこちで輝く葉を広げています。

Corydalis 'Berry Exciting'
IMG_4650.jpg
日本中が悲しみに包まれた一年がもうすぐ終わろうとしています。
震災で知り合いが亡くなったとか、大切なものが失われたとか、
直接的な悲しみはありませんでしたが、
神戸の地震を思い出し、PTSD 再燃・・と、私自身とても辛い年でした。

( 2011-12-30 撮影 )
IMG_4655.jpg
寒さが増せば増すほど輝きを放つこの葉のように
来年はどんな逆境に立っても輝きを放たれるような
強い自分でありたいなと思います。( できるかな・・(^^; )

うちの ど根性ヘレボちゃんです、
IMG_4668.jpg
数年前に発芽したヘレボルスのこぼれちゃん。
今年で 4 年目になりますが、やっとやっと花芽をもちました。
コンクリの際の際、堅い粘土質の土で年中日の当たらない
極悪環境のこの場でもしっかり大地に根を張って、
花を咲かせようとしています。

IMG_4667.jpg
ふたつくらいは咲きそうかな・・?

このど根性ちゃんのように力強く
そしてそして、ベリーエキサイティングのように
輝くような年になるよう がんばりたいな・・と思います。


こちらに遊びに来てくださった皆様にも
素敵な輝くような一年が訪れますように・・!!


来年もどうぞよろしくお願いいたします (^^*
関連記事
スポンサーサイト

category: helleborus

tag: コリダリス  黄金葉  クリスマスローズ  Helleborus 
Posted on 2011/12/30 Fri. 22:35  edit  |  tb: 0   cm: 8  

ありゃ~ ( 14:55 追記 ) 

新しい PC のブラウザを Google Chrome に変えたら
新着記事の New アイコンが改行されて表示されてるじゃありませんか。

えー、今まで IE だったから知らなかったわ。
IE だと、記事タイトルの横にちゃんと表示されてたもの。

プラグインの記述変更だけじゃなく、テンプレートの HTML の記述を
変えなきゃいけないなぁ・・。
でもそこまでいじくる技能もスキルもありません。

一日経てば New も消えるし、こりゃ放置だな・・(; ̄ー ̄A アセアセ

ということで、お見苦しいですが、このままでいきますので
よろしくお願いいたします。


( 追記 )
 放置しようと決めたけど、どうにも不恰好なリストが目についてしまい
 落ち着かないので、思い切って New マークをはずしました・・(^^;;
 変わりに記事タイトル横に New マークが表示されるように記述を変更しました。
 これで落ち着いたかな。
関連記事

category: Blog customize

Posted on 2011/12/28 Wed. 12:50  edit  |  tb: 0   cm: 6  

クリスマスプレゼント 

先日のクリスマスに大きなプレゼントを買ってもらいました。

IMG_4741 (450x273)
わたしの PC、2006 年購入の FUJITSU FMV BIBLO でした。
OS は Windows XP 、ブラウザは途中 IE 6 から IE 7 にアップグレードしたものの
重くて重くて大変だったので、IE 6 へダウングレードするという・・笑
Google Chrome に乗り換えようとするも、インストールしたことで
容量をさらに使うことになって、他の作業に負荷がかかり、結局フリーズする回数も増える始末。
ネット閲覧するにも、何をするにもイライラが募ってばかりでした。

PC を買い換えるタイミングは、大体 5 年が目安だと聞いていましたので、
6 年がんばってくれた BIBLO もそろそろ引退の時期かと思っていました。

で、今回旦那さまが買ってくれたのはこちら。
IMG_4742 (450x228)
ASUS のノートです。
アルミ加工されたブロンズ色の PC で、ディスプレイの色もとっても綺麗。

でもホコリが目立つのが難点ですね。
それに対応機種のキーボードカバーがないので、
黒いキーの上に落ちたホコリが目立つ目立つ・・。
毎回掃除したくなるようなキーボードで、なんだか落ち着きません。
検索したら、フリーサイズのカバーなるものがあるんですね。
一度使ってみようかなぁ・・。
キーボードの中にホコリや小さなゴミがたまるのだけは防ぎたいな。

6 年も使ったFMV のキー配列や感覚に指が慣れてしまっているので、
新しい PC のキーの配列に慣れるまでには少し時間がかかりそうです。
キーの間隔が微妙に広いからか、ミスタッチが多くて、
何度も打ち直してしまいます。
まるで PC 初心者のようなタイピングのスピードに我ながら笑ってしまいました。

うちにきて今日で 4 日目、やっとデータの移動や再インストール等々
諸々の作業も終了したので、ブログ記事アップも再開できそうです。

関連記事

category: other

Posted on 2011/12/28 Wed. 11:31  edit  |  tb: 0   cm: 4  

あとは仕上げ。 

まだ糸の始末や水通しの作業が残っていますが、
とりあえず全部編み終わりました。

チビに着せてみたんですが、やっぱり肩がちょっと大きかったかな・・。
身幅はだいぶ大きいかなーと予想はしていたんです。

先日学校から 『 けんこうてちょう 』 を持って帰ってきました。
身長はあと 1 cm で一年生男児の平均に達するものの、
体重は 5 ㎏ も平均より下なんです。相変わらずのほっそりさんで、
『 もっと肥ってくださいね。 』 とお願いしました。

Fair isle vest
IMG_4675.jpg
糸は指定どおりにしか買っていなかったので、
足らなくなると困ると思い、編み足しませんでした。
うーん、あと一模様くらい長めに編んておくべきだったかも。
ちょっと後悔もありますが、このまま仕上げに入ろうと思います。
IMG_4680.jpg
袖ぐりの減目部分。しっかり目を立てて減目しました。
フェアアイルはこういったゴム編み部分も、
しっかり模様として表現されるところがオシャレでいいなと思います。

子ども用のフェアアイルの図案って 5、6 歳のものが殆どで、
これから大人になるくらいの年齢のものってあまりないんですよね。
模様分を増減してサイズ調整すれば問題ないんでしょうけど、
わたしのような素人には、これが難しいのよね。

こうなったら、チビが大人サイズが着られる年齢になるのを見越して
今からたくさん大人サイズを編み溜めようか・・なんてことも考えていますが
どんなお兄さんになってくれるかわかりませんもんね。

母としては フェアアイルの似合う好青年に成長してもらいたいものですが・・・。

佐藤ちひろ著
Fair Isle Knitting シェットランドに出会って
p 25 : Quiet Twilight ( 夕暮れの静けさ )
色は男の子用に変えました。

Jamieson's Shetland Spindrift
colour : # 140, # 175, # 240
輪針 4 号 60 cm, 40 cm
    2 号 40 cm
鈎針 3 号


関連記事

category: Fair Isle

tag: フェアアイル  ベスト  FairIsle   
Posted on 2011/12/23 Fri. 12:30  edit  |  tb: 0   cm: 9  

ニゲル救出大作戦。 

先日の原種スイセンの記事で、『 ロミエウクシーは・・・
大鉢に植わったまんまで気にも留めてなかった・・(^^;; 』 と
書いてから、どうなっているかを見てきました。

Narcissus romieuxii.
IMG_4632.jpg
花芽がチラホラ見えていますが、なんだか弱々しい感じがします。

花被片が小さくて副花冠が大きい、クリーム色~黄色の花を咲かせるスイセンです。
ヒラヒラした花は妖精みたいに可愛くて、一緒に植えてあるニゲルと咲いたときは
そりゃもうとても絵になるはずなんだけど、ここ数年、ニゲルと一緒に咲いたことがありません。
スイセンは毎年咲くんですが、ニゲルがねぇ・・もう 2 年開花してないんです。
今年はどうかなと思ったら、案の定花芽らしきものも見当たらず、
地際をホジホジしてもまったくなにもない状態。
かといって、病気かなにかというわけでもなく、夏場も葉を落とすことなく元気なんですよ。

これが問題の大鉢です。
IMG_4630.jpg
お恥ずかしながら、枯れた株を補充するくらいで、
もう 5 年くらい鉢をひっくり返してみたことはありませんでした。

手前から時計回りに
ポリゴナム、エリゲロン、コクリュウ、
( なにもないところにムスカリなど各種球根 )、クコ、
ニゲル、ロミエウクシー、その周りにオキザリス・トリアングラリスです。
この写真を撮る直前、ニゲルの株元を見るために
トリアングラリスの葉をむしり取りました。

このトリアングラリス、一昨年まではサビ病によく掛かって、
あまり元気がなかったんですが、昨年・今年と、やけに調子がよくて、
鉢いっぱいに葉を広げて葉をむしり取る直前まで花を咲かせていました。
この葉が真夏の直射日光からニゲルの株元を守ってくれて、
上手い具合に炎天下の中でもニゲルが夏越ししてくれていたんです。

これが問題児のニゲル。まーったく開花しません。
今年も秋口から新しい葉がたくさん出始めたので、
あぁ、こりゃもう開花しないな、と諦めてはいたんですが、
それでも 2 年咲かなかったんだから、もしかしたら・・と、
淡い期待を胸に株元を覗いてみました。
IMG_4635.jpg
コクリュウの葉の下あたりのポチっとしたかたまり。
おぉ~これはもしや花芽かしら?? と思ったら、
どうやらむしり取ったトリアングラリスの球根のようです。
IMG_4633.jpg
なんかイヤな予感がする・・。
胸騒ぎというか、得たいの知れないソワソワした感じ。
恐る恐る、土を少し除けてみました。


(;´д` )オァァァァァー
調子よかったトリアングラリスが球根を大量生産。
ニゲルの花芽を作るであろうその場所は、ビッシリと球根が詰まっていました。 
IMG_4637.jpg
どんだけ球根作っとんねんっっ!!! 』 と、
ひとり鉢に向かって突っ込むわたし・・。

さぁ、これをどうしよう。
思い切って大鉢ひっくり返して土を全部出して整理するしかない。

今年の台風のときに 3 回ほど移動させたけれど、
それだけで 腰を痛めてしまったほどの大鉢です。
頭の中ではやらなきゃ、という思いでいっぱいなんですが、
糞忙しい年末に腰を痛めたらどうしようという思いもあって、
なかなかふんぎりがつかず、暫く無言のまま大鉢を眺め、

『 どうやって土全部出す? 』
『 出されへんやろ・・。 』
『 じゃあほっとくん?? 』
『 ほっといたら来年も咲かへんで。』
『 そうやんな。咲かへんわな。絶対。 』
『 ほんならやるしかないやんか・・。 』
『 うん。絶対やった方がええで。』

・・・なんてことを、自分の中の人と会話して
やっとの思いで、整理に取り掛かったのでした。

IMG_4638.jpg
とりあえず、横にしてクコの枝を掴んで引っ張り出す作戦をとってみたんですが、
上の土が少し鉢からこぼれ落ちただけで、ウンともスンとも言わず、
しょうがないので、少しずつ土をかき出してみることに・・。
IMG_4640.jpg
ニゲルの葉茎のすぐ傍の白いのは、たぶん葉芽かな。
それにしても栄養不良っぽい弱々しい葉芽だこと・・・( ̄▽ ̄;;
残りはびっしりトリアングラリスの球根です。
IMG_4643.jpg
更に土をかき出して奥の方を見てみると、白くて半透明の塊発見。
あとで調べてみましたら、これは 『 牽引根 』 というものらしく、
球根が土の外に飛び出さないように、下から引っ張る役目をするものだそうで、
これが、鉢の底あたりに大量に入っていました。
IMG_4647.jpg
取り出した牽引根。
たまに新聞とかに写真つきで紹介されてますよね? 笑
変わった形の大根収穫~みたいな形をしています。

土をかき出し鉢を叩きながらの作業、寒くて寒くて
途中何度 『 やっぱりやめとこ 』 と思ったことか・・。
IMG_4641.jpg
苦労の甲斐があってやっと立派な根鉢が出てきました。
それにしてもすごい根ですね。一体なんの根でしょう。

やっとの思いで救出したニゲル。
根の中に大量の球根が入っていました。
IMG_4645.jpg
根の間に球根が残っていないか、慎重に確認・・。

トリアングラリスはあちこちに繁殖しないように
二重にした黒ポットに数個だけ入れ、
ついでに大きくなったエリゲロンやコクリュウも株分けして、
綺麗に根を掃除したニゲルと一緒に植え直しました。
もちろん、ポットの上部は土から出してあります。
こうしないと、またポットから球根が溢れ出しますからね。
IMG_4648.jpg
球根に締め付けられていたニゲルが、ようやく解放された瞬間です。
『 あ~助かった~ 』 って声が聞こえてきそうですね。

救出に要した時間は 約 4 時間。
『 ちょっとものすごい頑張ったやんっっ♪ 』 と自分を労いつつ
『 オキザリスは隔離すべし 』 と大反省の一日でした。

で、どれだけ球根を取り出したかというと・・
IMG_4646.jpg
6 号のスリット鉢に一杯分の量でした。

以前、みーさんが オキザリス・ボーウィーについて記事にされ
そのときもコメントされた皆さんで、『 恐るべし 』 なんてことで
盛り上がったんですが・・ほんと、オキザリスって 『 恐るべし 』 ですね。

これからは大鉢で寄せ植えするときは、直接植えることはしないで、
必ず ポットに隔離しながら植えなければなりませんね。

よい勉強になりました。

これで、来シーズンこそは開花してくれるかな ?
関連記事

category: helleborus

tag: クリスマスローズ  Helleborus  ニゲル  球根  オキザリス 
Posted on 2011/12/22 Thu. 20:02  edit  |  tb: 0   cm: 8  

原種スイセン。 

Narcissus cantabricus tananicus
IMG_4525.jpg
亜種やらなんやら、ややこしいのでその辺は割愛・・(^^;

原種スイセンもいくつか芽が出ていますよ。

今年はふたつ花が咲きそうですねぇ・・。
去年はなぜか花が咲かなかったんですよね。
でも球根が痛んでるというわけでもなく・・でした。
開花は少し遅れているようですが、咲いてくれるだけでもありがたい。
bulbocodium ( ブルボコディウム ) に比べて
ヒラヒラ感も少なく、すっきりした花姿で、
清楚な大人の女性を思わせるような、とても美しい花を咲かせます。

向こう側にも芽が出てきました。
上手く分球してくれたようですね。

Narcissus bulbocodium
IMG_4529.jpg
こちらも順調♪

ロミエウクシーは・・・
大鉢に植わったまんまで気にも留めてなかった・・(^^;;
あとで見てこようっと。
関連記事

category: other bulbous plants

tag: Narcissus  原種  スイセン  球根 
Posted on 2011/12/20 Tue. 10:31  edit  |  tb: 0   cm: 4  

衿ぐり出来ました。 

なんだかすっかり編み物ブログと化していますが・・・( ̄▽ ̄;;
いえ、ちゃんと花のことも書きますよ~!

衿ぐり完成です。
IMG4617.jpg
チビは頭が大きいので、衿ぐりは指定よりも少し大きめに編みました。
減目を多くした分、ゴム編み部分の目数も調整してあります。
衿ぐりが出来上がったあと、チビに頭だけ入れてもらったんですが、ピッタリでした。
指定のまま編んだら、たぶんきつかったと思います。
IMG4618.jpg
スティークを切ったあとは、ほつれてこないように一目ずつ
裏の渡り糸にまつりつけます。
これが面倒なんですが・・・チビサイズは目数も少ないので
あまり苦にもならず、まつることが出来ました。

すでに片方の袖ぐりも出来ています。
あともう少しで完成かな。

佐藤ちひろ著
Fair Isle Knitting シェットランドに出会って
p 25 : Quiet Twilight ( 夕暮れの静けさ )

Jamieson's Shetland Spindrift
colour : # 140, # 175, # 240
輪針 4 号 60 cm, 40 cm
    2 号 40 cm
鈎針 3 号

関連記事

category: Fair Isle

tag: フェアアイル  ベスト  FairIsle  steek  スティーク  エキストラステッチ 
Posted on 2011/12/19 Mon. 20:15  edit  |  tb: 0   cm: 6  

身頃完成~♪ 

とりあえず身頃が完成しました。
IMG_4611.jpg
ひたすらグルグル編みながら、
減目をしつつスエキストラステッチを施し、
すでに肩は前後を接いであります。

通常の編み方と比べると、なんじゃこれ?? ですよね・・(^^;;
スティークという技法を使う際に、このエキストラステッチ
( いわゆる切りしろ ) を編み足します。
エキストラステッチを施した両脇と首のところを、
あとでハサミで切ると、あーら不思議、
ちゃんとベストの形になるんですよ。(^^*

ちょうどスティークをカットする時だったので、
ついでに写真を撮ってみました。
MG4612.jpg IMG_4615.jpg
左がカットする前、右がカットしたあとです。
エキストラステッチの真ん中をハサミで切ると、
気持ちいいくらいにパカっと V ネックが現れるんです。
これはほんと、気分爽快♪♪
これがしたいがために、フェアアイルを編む・・・なんてことはありませんが、
楽しみなのはホントです。( ̄ー ̄*
IMG_4613.jpg
このあと、針に目をとって、衿ぐり、袖ぐりを編んで出来上がりです。
が、編んだあとの始末がフェアアイルの場合は大変なんです。
色換えした糸端がたくさんありますから、
これを丁寧に一本ずつ処理していかなければなりません。

佐藤ちひろ著
Fair Isle Knitting シェットランドに出会って
p 25 : Quiet Twilight ( 夕暮れの静けさ )

Jamieson's Shetland Spindrift
colour : # 140, # 175, # 240
輪針 4 号 60 cm, 40 cm
    2 号 40 cm
鈎針 3 号

関連記事

category: Fair Isle

tag: フェアアイル  ベスト  FairIsle  steek  スティーク  エキストラステッチ 
Posted on 2011/12/17 Sat. 14:39  edit  |  tb: 0   cm: 6  

原種シクラメン。 

少しご無沙汰しておりました。
久しぶりにフェアアイルを編み始めたら面白くて
ブログの更新もさぼって没頭してしまいました・・( ̄ー ̄;;

この一週間で更に寒さも増して、ここら辺はあともうちょっとで
氷点下を記録するところでした。

それはそうと、ふたご座流星群、愉しまれました?
わたしは 流星群が極大を向かえる夜中の二時ごろまで頑張って起きて
10 分ほどベランダで愉しみましたよ。
10分で 15 個の流星、こんなにたくさん見られたのは久しぶりです。
とても綺麗でした。

花はというと、ネリネとダイヤモンドフロスト、アリッサム、オキザリス以外は
すっかり葉を落として休眠中で、ネタも尽きてきました・・・(^^;;

度々登場する原種シクラメンですが、もう少しお付き合いくださいね。

C. mirabile 'Tilebarn Jan'
IMG_4177.jpg
ミラビレがまだ咲いています。
咲き始めてもう 1 ヶ月。頑張りますね。

タイルバーン・ジャンの葉。
IMG_4513.jpg
タイルバーン・ニコラス に比べ緑の部分が多いです。

手前から時計回りに
C. coum 'Tilebarn Graham'
C. coum 'BSBE F1'
C. hederifolium
IMG_4512.jpg
原種シクラメンの葉ってどの葉も可愛らしいです。

ちなみに手前右側の黄金葉は、
Campanula persicifolia 'Kelly's Gold' です。
地に下ろしてあったんですが、夏に急激に枯れこんできたので、
慌てて鉢に避難させました。
春も夏も鮮やかな黄金色を保つので、花壇ではとても目立った存在でした。
堀りあげることになったのはとても残念なんですが・・。
しばらく鉢でしっかり養生させて、もう一度リベンジしようかな・・とも思うのですが、
この手の花は、やっぱり愛知では鉢で育てるのが無難かもしれません。

C. libanoticum
IMG_4521.jpg
IMG_4520.jpg
リバノチカムも元気に葉を広げています。
小さな蕾も見えてきましたよ。
関連記事

category: other bulbous plants

tag: 原種  シクラメン  球根    カンパニュラ  黄金葉 
Posted on 2011/12/15 Thu. 21:12  edit  |  tb: 0   cm: 14  

まだ咲くネリネ。 

ネリネ・プディカがうちに来て 7 年目、突如として現れたピンクのネリネ。
プディカの地味~な花の中で咲いた彼女はものすごく目立っていました。

2011-11-30
IMG_4436.jpg
昨年初めてこの花が咲いたときに、画像を横山さんに送って見ていただいたところ、
どうやらウンズラータかなにかが交配したものじゃないかなとのこと。
購入後、7 年してから突如咲いたところを見ると、種から上手く育ったんだろうと・・。

サプライズですね、それによく育てられました、と嬉しいメールが返ってきました。
IMG_4473.jpg
園芸種の華やかなネリネやプディカが咲き終わったあとに咲き始めます。
咲き始めはとても濃いピンク。フリルはあまりありません。

2011-12-04
IMG_4507.jpg
色が少し落ち着いてきました。底白の綺麗な花。

2011-12-08
IMG_4560.jpg
まだ蕾が 2、3 残っていますが今が一番綺麗かな。
名前のない実生花ですが、とてもかわいらしい花です。

これでネリネも最後かな・・と思っていたら・・・
IMG_4565.jpg
ネリネ・アルタ ( N. alta ) が残っていました。
開花まではまだ時間が掛かりそうですね。
関連記事

category: other bulbous plants

tag: ネリネ  実生  球根  ピンク 
Posted on 2011/12/08 Thu. 21:41  edit  |  tb: 0   cm: 6  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。