スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

最後はセミダブル。 

まだかまだかとやきもきしたヘレボの開花でしたが、
あっという間に開花も進み、次は小球根や宿根草の花々が動き始め
我が家の極小庭も一気に春の芽吹きが始まりました。

今まで頑張ってくれたヘレボルスは今週一杯までには種を採るもの以外、
全ての花茎をカットして、お休みモードに入ってもらおうと思います。
カットして落ちたしべやネクタリーを掃除してあげて、お礼肥あげて・・と
お世話は休眠間近まで続きますが、ひとまず写真はこれでおしまいになります。

あ、今やっと小さな花芽を確認した株がちらほらありますので、
その子達が開花するころにはあと一回くらいは更新があるかな?と思います。

糸ピコのセミダブル、ハートネクタリーのお嬢さんも
今年はたくさん咲いてくれました。
株分けを今までしていなくて、昨秋 大小 4 つに株分けしました。
そのうちのひとつは、大切な岐阜の友人のハウスへお嫁に行きました。
残り 3 つ。 小さな株をひとつ、お嫁に出そうかなと思います。
今年は小さな蕾が付いたのですが、体力温存ということで、蕾は取っちゃいました。
この夏、ここで旨く過ごすことが出来たら、秋に芽が動き始めたころに
お嫁に出そうと思います。
IMG_5469.jpg
来シーズンは、小さな分け株も少しくらいは花が咲いてくれると思うのですが・・
欲しい方いるかなぁ・・?
今秋のお楽しみですね(^^ 旨く夏越し出来たら、他の分け株も一緒に
プレゼント企画でもやっちゃおうかな。
IMG_5472.jpg
やっぱりカワイイ♪♪ 
このハートなネクタリーはやっぱり一番カワイイです。

IMG_5750.jpg
何年か前に大木さんの小さなポット苗を購入して今年初めての開花です。
アプリコット気味の優しい色に黄緑色のネクタリー。
縁がピンクに彩られた こちらもとても可愛らしいヘレボルスです。
来年はもう少ししっかり咲いてくれるかな?

IMG_5755.jpg
この子もとても可愛らしかったです。
白に濃ピンクのピコティ、ネクタリもダークでわたしの好きな花です。
不揃いな広がり具合が面白いでしょ?

IMG_5935.jpg
少しプロペラ気味の花姿が面白いバイカラーなお嬢さんです。
こちらもたくさん咲いてくれました。
実は開花株購入した年に、立ち枯れ病にあい、克服したところへ
軟腐病発症、殆どの根がなくなってしまったりと、踏んだり蹴ったりな数年間を過ごし
今年めでたく復活した株でして、思い入れたっぷりな株なのです。

IMG_5861.jpg
デュメとヒブリドゥスの交配株。
優しい桜色が今の季節にピッタリですね。(^^

IMG_5946.jpg
大変身ですっ。
昨シーズン、ネクタリーが不揃いなシングルだったはず。
今年はしっかりしたセミダブルが咲きました~ ヾ(^▽^)ノ ワーイ
だからヘレボルスって止められない。
こういうサプライズが起こるのも、ヘレボルスの醍醐味だったりするのです。

IMG5736.jpg
こちらもデュメの hyb で、特徴的なネクタリーをもつセミダブルです。
マットなグリーンといい、葉といい、( ここでは写ってませんが )
どれをとっても親のデュメそのものです。
ネクタリーは最初の花と同じく可愛らしいハート型。
でも色が違うとこんなにも雰囲気が変わるんですよ。おもしろいですね。
この花の色と形で、糸ピコの花、誰か作ってくれないかしらね。笑
 
IMG_5963.jpg
こちらは初花です。
こぼれ種からの開花なので、誰が親なのかはよくわかりません。
鉢の配置から推察するに、たぶんグレープのダブルと、白のセミダブル
からの種なんじゃないかなと思うのですがどうなんでしょね。

IMG_5964.jpg
上の花の俯いた姿です。
やっぱりピコティの花は庭植え向きだと思いませんか。
花を上に向けなくても、これだけで十分美しさが伝わってきますもんね。
これは庭植え決定だなー。
さぁ、どこに植えようかな。

IMG_5763.jpg
ウグイス色にダークなネクタリーが大人っぽい雰囲気のセミダブルです。
綺麗だなぁ・・・といつもこの花を見ると思うんです。
ため息が出るような美しさって言うんですか?
何度も見入ってしまう花です。
IMG_5762.jpg
ふわふわしすぎないネクタリですが、ダークな色が映えます。
この花は一昨年だったか豊橋のお店で夕方まで売れ残っていたお嬢さんです。
午前中は気温が低く、まだ開花していなくて、
マニアさん達の魔の手 ( 笑 ) から逃れられたのかと思います。
残り物には福があると言いますが、ほんとその通りになりました。
出遅れた私は、夕方この花を見つけたんですよ。

結局、全部の花を紹介できなくてすみません。
シーズン最初は全部撮ってアップする!!なんてことを言いましたが
結局同じような花は日の目を見ることがありませんでした・・(^^;;

今年咲かなかったチビ苗は、来シーズンどんな花を咲かせてくれるかな。
夏越しをしっかり頑張らないといけませんね。
関連記事
スポンサーサイト

category: helleborus

tag: クリスマスローズ  Helleborus  セミダブル  ピンク    グリーン 
Posted on 2012/03/29 Thu. 16:08  edit  |  tb: 0   cm: 10  

ドラえもんと地震と。 

冬の寒い季節は阪神大震災とリンクするので、特に 1 月は調子がよくありません。

ドラえもんの映画が公開されるこの時期は、
昨年の地震とリンクして気持ち的に落ち込んでしまいます。

毎年春の公開なので、チビが観る数年間はドラえもんの映画 = 東日本大震災なんだろうな。

去年はちょうど PTSD 再燃で気持ち的に落ち込み、『 これはまずいかも・・』 と思ったときがあって、
少しでも気を紛らわせることが出来ればと、藁をもつかむ思いで観に行きましたが・・・・。
今年は、昨年ほどの辛い気持ちもなく、昨日、チビとふたりで観てきました。

※ 画像クリックで公式サイトに飛びます。
dora.jpg
昨年の作品 はピッポとの涙の別れがあったり、命の尊さを前面に押し出した内容だっただけに
感動しすぎて、涙がぽろぽろと流れるほどの深い内容だったわけですが・・
今回の作品は、命の尊さを伝えるところは前作と同じですが、
あまり、心にズドーンと来るものもなく、淡々とした作品だったように思います。
内容的にはこちらの方が、小さな子供が見るには楽しめていいのかもしれません。

のび太のパパに視点をあてた初めての映画で、
『 親子愛 』 をいっぱい感じることの出来る、
よい映画であったことは言うまでもありません。

ただ、前作に比べクライマックスがいまいちだったのが残念。
ドラえもんが殆どの道具を修理に出しちゃったのがまずかったんですが・・ね。
あまりネタばれさせるとまずいので、
気になる方はぜひ映画館へ Let's Go です。

そうそう、今回の映画、最後の最後までだーれも席を立ちませんでした。
なぜなら・・・
エンディングの曲が、福山雅治なんですよね~。
ちょうど福山雅治が好きな世代のお母様方が多いからでしょうか。
館内が明るくなるまで誰も立ちませんでした。
普通、エンディングが流れればそっと出て行く方がいらっしゃるんですが・・。
たしかに、よい曲です。
youtube 貼っておきました。どうぞご視聴くださいね。

福山雅治: 生きてる生きてく

< 歌詞 >
不思議なものだ子供の頃は
大人になんてなれないのに
大人になればときめくだけで
いつでも子供になれる
今まで生きて出した答えは
正解よりも間違えのほうが多いよ
僕は間違えながら大人になってきたんだ
こんな僕の人生の良い事やダメなことが
百年先で頑張ってる遺伝子に
役に立てますように
今を生きてる

今まで人を好きになって
傷つけたことよく覚えてる
伝えることや分かり合うって
好きになるほど難しい
こんな僕の青春の傷跡や
甘酸っぱさが百年先で恋をしてる遺伝子に
勇気になれますように
今日も生きてく

失敗とか後悔から
覚悟することを学んだ
逃げられない苦しみに
悲しみに勝つために
大きな夢をひとつ持っていた
恥ずかしいくらいばかげた夢を
そしたらなぜか小さな夢が
いつの間にか叶っていた
そうだ僕は僕だけで出来てるわけじゃない
百年千年前の遺伝子に
褒めてもらえるように
今を生きてる
この生命で
今を生きてる
今日も生きてく


次は コナンの映画 かなー。
あー大人っぽい映画が観たいな・・。
関連記事

category: other

tag: 映画 
Posted on 2012/03/28 Wed. 14:36  edit  |  tb: 0   cm: 4  

雪割草も終盤です。 ( 1 ) 

開花し始めから約一ヶ月が経過しました。
小さな宝石をいっぱい咲かせた雪割草もそろそろ終盤を迎えました。

撮りためてあった写真を up しておきます。

Hepatica nobilis var. pubescens 2012-02-24 
『 頬紅 』 が一番最初に開花しました。
IMG_5324.jpg
2012-02-27
IMG_5336.jpg
弁端がピンクに染まるかわいらしい花です。
2012-03-06
IMG_5598.jpg
一輪咲いたあと、暫くしてから他の花も咲き始めました。
夏場に調子を少し崩したので花は少なめ。来年はたくさん咲いてくれるといいな。

名前がわからないのですが・・大叔父からの頂き物です。
IMG_5601.jpg
優しいピンクの花ですね。
雪割草はピンクが多いなぁ・・・。青は少ししかありません。
IMG_5604.jpg
雪割草の段咲きが好きです。
ヘレボルスのセミダブルとどこか通じるところがあるから
好きなんだろうなぁ・・。
関連記事

category: perennial

tag: ピンク  雪割草  Hepatica 
Posted on 2012/03/26 Mon. 14:32  edit  |  tb: 0   cm: 6  

よく咲きます。 

Narcissus romieuxii subsp. romieuxii
IMG_5436.jpg
原種スイセンも今が時期なのかな。
この冬の寒さのせいで、ヘレボと同じく、開花の時期がずれてしまっています

2 月の末から開花して花数は減ったけれども、まだ咲いていますよ。

笑っちゃうほどよく増えてくれますし、植えっぱなしでいいので楽です。
うしろは今年えらいことになっていたニゲル
ほんとはニゲルの花も一緒に楽しめたはずだったんですが・・。

来年に期待ですね。

IMG_5440.jpg
咲き始めの、綺麗に折りたたまれた花が少しずつ広がってくる
これくらいのときが一番花色が濃くて好きです。


Narcissus bulbocodium cv. nylon
IMG_5341.jpg
一昨年地に下ろしました。
植えっぱなし。放任だけど、へそも曲げずに咲いてくれましたよ。
淡い色が綺麗です。


Narcissus cantabricus subsp. tananicus
N.jpg
ロミエウクシーはどっさり増えるのに、こちらはあんまり増えてくれません。
尖った円錐形の副花冠が綺麗な花です。


さぁ、春の花が動きだしました。
ヘレボルスの次は球根たちですね。(^^*
関連記事

category: other bulbous plants

tag: 原種  球根  スイセン   
Posted on 2012/03/24 Sat. 00:55  edit  |  tb: 0   cm: 8  

数少ないシングルさん。 

購入遍歴というか、ヘレボルスを始めて買ったのはホワイトのシングルでした。
その後、ダブルに嵌り、セミダブルに嵌り・・ひととおり楽しんだら
シングルの美しさに嵌る・・とよく聞きますが、
わたしはもう何年もセミダブルに嵌り続けています。

なので 当然、シングルの花も少ないし
写真に納め切れなかったシングルもたくさんあります・・・(^^;; 
セミダブルやダブルに気をとられて、シングルはスルーしちゃうんですよね。

ごめんよ、シングルちゃん。

ヘレボルスの自生地巡りばかりしている Tim 氏に、
数年前 たくさんの乾燥種子をいただきました。
殆ど発芽しなかったのですが・・(^^;
いくつかは発芽し、そのうちのひとつが開花しました。
IMG_5242.jpg
『 乾燥しまくってるから発芽しないかも 』 と、Tim さんからは聞いていたので
発芽したときは、とーっても嬉しかったです。
とても小さな蕾でした。
IMG_5244.jpg
定規で計って見ると、8 mm くらいの大きさでした。
IMG_5486.jpg
開花の頃には 1. 5 倍くらいにはなったかな。
葉もデュメ独特の、柔らかい印象の葉でした。

こちらも実生で初開花。
IMG_5304.jpg
糸ピコと糸ピコをチョンチョンしたと、ラベルに書いてあります。
IMG_5423.jpg
小さな花芽の頃から派手なベイン模様でした。
蕾だけで、これだけ魅せてくれるものも、珍しいんじゃないでしょうか。
IMG_5424.jpg
黄桃色にダークネクタリ、ベインピコが咲きました。
シングルなのに豪華な花ですね。
IMG_5476.jpg
ヘレボは俯いて咲く花なので、庭植えにすると更に顔を見るのが困難ですが、
これだけ蕾にベイン模様がくっきり出て、おまけに黄桃色だと、目立ちますね。
これ、どこかに庭植えしちゃおうかな~。

10 年くらいの古株さん。
リバーシブルです。
IMG_5298.jpg
表が白く中はピンクで、弁端にいくにつれて白く抜けます。
IMG_5371.jpg
わたしってかわいいでしょっっ!!って語り掛けてきそうな、
若々しいオーラを放ってます。もう古株なんですけどね 笑

IMG_5456.jpg
ダークなネクタリが大人っぽい花です。
意外と小さな花で綺麗なんですが、あんまり咲いてくれません。

これが、一番最初に買ったクリスマスローズだったり。
真っ白な、カップ咲きの花ですが、昔に買ったので、
とっても大きな花です。
IMG_5435.jpg
真っ白なので、とても目立ってくれるので庭植え向きなんでしょうけど、
なぜか大事に鉢で管理しています。
只今 10 号のスリット鉢に入っています。
いい加減、株分けしないといけませんね。

白のピコティもたくさん咲いてくれました。
・・が、顔撮るの忘れてます・・(^^;;
シングルだとどうも、写真撮るのにテンションあがらずです。
IMG_5746.jpg

何年も前に高杉種苗さんから買ったポット苗からの開花です。
初花ではないんですが、3 年ぶりの開花です。
花色自体はあまり目立たちませんが、とても綺麗な葉姿だったので
前庭の花壇に植え込みました。
そしたら 何を思ったかへそ曲げちゃって、
3 年ほど花を咲かせてくれませんでした。
shingle vein
蕾がこれまた 血管模様。
わたしの大好きな血管脈々系です。
IMG_5586.jpg
ベイン模様の蕾は、それだけでお腹いっぱいになります。
IMG_5587.jpg
花はこんな感じ。なんだかホッコリしそうな、おちついた花色でしょう?
儚げな感じがして好き、と、お友達に言われました。
そう言われるとそんな感じもします。

IMG_5458.jpg
ラベルには 『 オドルス 』 とあるんですが、なーんも匂いません。
何度匂っても ( ̄∞ ̄) ダメです。 
IMG_5459.jpg
香りはないけど、濁り気のないピュアなグリーンの整形花が好きです。
来年もいっぱい咲いてください。

IMG_5480.jpg
アトロの交雑さんもたくさん咲いてくれました。
今年は寒かったからか、あのヒスイ色は殆ど影をひそめてしまいました。
でもたくさん咲いてくれたので、よしとしましょう。

来シーズンもたくさん咲いてくれますように。


関連記事

category: helleborus

tag: クリスマスローズ  Helleborus  ピンク    グリーン    アプリコット  シングル 
Posted on 2012/03/23 Fri. 21:44  edit  |  tb: 0   cm: 8  

ダブル。 

実は先週、遅まきながらスマホデビューしまして・・(^^;;
設定やらなんやらでブログどころではなく、一週間もあいてしまいました。

昨シーズンの今頃はすっかり春の花で忙しくなる頃なんですが、
出足も遅い分、クリスマスローズがまだ頑張ってくれています。
でもそろそろ花茎をカットしようかな。
わたしは気になる花のセルフの種をほんの少し採るだけなので、
バッサリと殆ど全部切ってしまいます。
名残惜しいんですけどねー。次のシーズンの為には、いつまでも
置いておかない方がいいですから。ここは潔く切ることにしましょ。

数年前、冥王堂さんで 『 ダーク祭り 』 ってのがあったんですが、
そのときにお迎えしたセミダブルもどきのダブルです。
IMG_5801.jpg
赤黒い大人チックな花色で、とても気に入っています。
IMG5803.jpg
横から~♪ 内弁のエッジが艶ピカで美しいんです。

IMG_5581.jpg
ピュアホワイトの丸弁ダブル・・のつもりで今季買った花ですが、
内花弁落ちます! ・・・セミダブルのようですが、とりあえずこちらにアップ。
この花は、岐阜のナーセリーさんからのものなんですが、
この方、人を包み込むような優しい花色の花を作るのがお得意のようで、
うーん、と唸ってしまうような、とても綺麗な花をたくさん作っていらっしゃいます。
来期も期待しているナーセリーさんです。

IMG_5858.jpg
フルスポットというか、ミストで彩られたピンクのダブル。
こちらは、同じような株がもうひとつあるので、
今日、ブログのお友達のところへお嫁に出しました。
気に入ってもらえるといいのですが。

IMG_5856.jpg
原種交配のダブル。
葉も捻じれたような変わった細葉で、花もその特徴を引き継いでいるようです。
捻じれるような細いがく片が面白い花です。

IMG_5936.jpg
グレープベインのダブル。
この花を手にしたとき、震えたのを覚えてます・・(^^;;
今じゃもう珍しくない花ですが、当時は雲の上の存在だったような。
交配技術も進んで、今はたくさんこの手の花が出回るようになりましたね。
小輪でとても綺麗な花です。

IMG_5844.jpg
黄桃のような花色のグラデのダブル。
どんな顔かな?と内花弁を覗くと、ハッとするようなそんな花です。
とても綺麗な花色で、何度見ても見惚れてしまいます。
関連記事

category: helleborus

tag: クリスマスローズ  Helleborus  ピンク      double  ダブル 
Posted on 2012/03/23 Fri. 19:09  edit  |  tb: 0   cm: 10  

フェアアイル・カーディガン。 

自分のベストが出来上がったので、次に取り掛かってます。
旦那さんのカーディガンです。
思ったより若々しい感じの色模様なので着てもらえるか心配です・・(^^;;
気に入らなかったら私が着よう。

Fair Isle Cardigan
IMG_5812.jpg
もう春なので当然ながら来年用になるわけで・・
なので、そんなに切羽詰まった状態じゃないので、テンションは少し低めのスタートです。

IMG_5814.jpg
デザインは先日編んだ ten old さんのもの。
お題は 「 ソラユキ 」
寒空を見上げれば一粒の雪が舞い降りてきた・・
そんなことをイメージしてデザインされたそうです。
このソラユキとても綺麗なグラデーションで、全部で 10 色使用しています。
糸換えが大変だけど、編み出てくる模様がとても綺麗なので
どんどん進んでしまいます。
最初のテンションの低さはどこへやら・・。
もうすぐ脇まで到達します。

Design : ten old
「 ソラユキ 」

Jamieson & Smith 2 Ply Jumper Weight
Jamisons Shetland Spindrift
colour : 10 colors
輪針 4 号 80 cm, 40 cm
    3 号 40 cm

関連記事

category: Fair Isle

tag: FairIsle  フェアアイル  カーディガン  Cardigan 
Posted on 2012/03/16 Fri. 17:02  edit  |  tb: 0   cm: 6  

やっぱりセミダブル。 

いつもなら、ヘレボルスから宿根草へとシフト完了~♪ のはずなんですが、
未だうちの庭ではヘレボが幅を効かせ頑張ってくれています。

肝心の宿根草はというと・・雪割草が開花し、小さな山野草の堅い芽が膨らみ
小球根は順調に開花したり花芽が見えたりと動きが活発になってきました。

今日はセミダブル特集ということで・・(^^;;
今年も殆ど開花株の購入はしなかったので、いつもの花になりますが。
それでも一年に一度の開花でしか花たちとは会えないので、
枯れずに咲いてくれたときは、とても嬉しいですね。


「 また会えたね 」

庭で咲いた花には必ずこの言葉を掛けています。

大震災から一年が過ぎ、震源からは遠く離れた愛知ですが
生きていられることへの感謝を改めて感じます。

今日はセミダブルをまとめてアップ (^^
IMG_5309.jpg
今シーズン、冥王堂さんから来たセミダブルちゃん。
ピュアピンクな花色が春らしくて可愛らしいです。
以前アップした花の二番花で、形が整ってきました。

IMG_5374.jpg
3 年ぶりの開花です。
軟腐病にやられて、太根 1 本から執念の復活です・・。
IMG_5428.jpg
数日後完全に開くとこうなります。
ネクタリーが変わっていて面白い花です。

IMG_5384.jpg
木口さんのダブルのセルフから。
なにも考えない方が、いい花が咲いています(^^;;;

IMG_5393.jpg
こちらは古株で、もう 7 年目かな。
ドーナツ化しないので、株分けもしていませんが
そろそろリフレッシュ兼ねて株分けしてあげたほうがいいかもしれません。

IMG_5389.jpg
こんな子いたっけ、な花。
何かの実生が咲いたのか・・?
記録付けていないし、ラベルもないのでよくわかりませんが・・。
facebook のヘレボルスのグループに入っているんですが、
その中では人気 ( 特に海外の方 ) です。
バイカラーの濃い色の子はインパクトがあって好まれるようです。

IMG_5508.jpg
淡ピンクと黄緑のバイカラーセミ。
カップ咲きでネクタリーがふわっふわなんですよ。
IMG_5505.jpg
セミダブルってネクタリーにもいろんな特徴があって面白いですね。
この子は少女が着るフリルいっぱいのブラウスの襟みたいなネクタリーです。

IMG_5468.jpg
糸ピコのセミダブル。
肥料が多すぎたかなぁ・・。それとも寒すぎた?
いつもは白いんですが、緑が強く出てしまいました。

IMG_5464.jpg
こちらもセルフの実生からの初花。
意外と形が整っていて美人さんに咲いてくれました。
セミダブル狙って蒔いたものより、
セルフの方がセミダブルの出現率が高いような。

IMG_5413.jpg
弁端が波打つセミダブル。
ネクタリのエッジが白く抜けます。
花がもう少し小さかったらなぁ・・。

IMG_5561.jpg
濃ピンクとグリーンのバイカラーにミストが入ったセミダブル。
ネクタリーが綺麗にまーるく揃っていて可愛らしいです。
IMG_5765.jpg
咲き進むと色が薄くなりますが、ネクタリーは更に美しさが増します。

IMG_5739.jpg
この子は毎年微妙に色が変わります。
ピンクが強く出たりミストが強く出たり・・
寒いとピンクが強く出るようです。
暖冬のときはアプリコットのようなオレンジが強いピンクになります。
一年目ダブル、その後はずっとセミダブルで咲いています。不思議。

op 0843: sd dark nectaries ( vein ) X dd green round flower
IMG_5770.jpg
大木さんのポット苗からすごく美しい子が咲きました。
ベインくっきりの美人さんですね~♪
ラベルには、08.11 とありますからあらら、もう 3 年も前に買ったものですね・・(^^;
あぁ、そうだ、一昨年の夏は水枯れ多発であんまり咲かなかったから
きっと開花が遅れちゃったのね。 花芽形成はすでに夏から・・って言われてますものね。
夏の水遣りは、多くてもダメだし少なすぎてもダメだし、気を使います。
IMG_5768.jpg
改めて・・綺麗だ~。

※画像をサムネイル表示しないように大きさをリサイズし直して
 そのままアップしてみました。
 クリックしても大きな画像は見られなくなりましたが、
 これくらいの大きさなら大丈夫かな?
 サムネイルでアップするより画像がクリアになったと思います。
関連記事

category: helleborus

tag: ピンク    Helleborus  クリスマスローズ  セミダブル 
Posted on 2012/03/16 Fri. 10:57  edit  |  tb: 0   cm: 14  

出来ちゃった。 

思ったよりも早く出来ちゃいました。

前回アップしたのは、2 月 10 日 ですから、
一ヶ月掛からなかったってことですね。
我ながら上出来です。笑
ハイペースで仕上げたのには訳があって、
実は編み終わったら旦那さんの来年用のカーディガンと
チビのカーディガンが待っているからなんです。
すでに材料が揃っているので、早く編みたくて
猛スピードで編み上げました。

Fair Isle vest
IMG_5642.jpg

衿ぐりと袖ぐりはエキストラステッチを入れながらぐるぐる編み、
ジョキジョキ切り開いてゴム編みを編みました。
steek1.jpg steek2.jpg 3.jpg
相変わらず気持ちの良い瞬間です。切り開くの大好き♪
今度はカーディガンなので、更に爽快感を味わえます。

IMG_5395.jpg
身頃完成から最後のゴム編み・仕上げ・糸始末などなど 3 日ほど掛かりました。
糸始末が一番邪魔くさくて嫌いです・・(^^;;

IMG_5406.jpg
肩をはいでいるところです。
肩線で模様がピッタリ合うと ( 合うのが当然なんですが ) 気持ちいいです。

IMG_5634.jpg
編地の裏。糸渡りの強さもちょうどよかったようです。
表の模様が綺麗に出ました。

IMG_5636.jpg
スティークの端の始末は一目一目身頃の渡り糸に留めていきます。
これでほどけてくることはありません。

少し寒さがぶり返してきた頃に一度くらいは着られるかな?

黒ゆきこ著
黒ゆきこのフェアアイル・テキスト
p 58 : 草原のベスト

Jamieson & Smith 2 Ply Jumper Weight
colour : # 203, # 65, # 82, # 29, # 202, # 2
輪針 3 号 60 cm, 40 cm
    2 号 40 cm
    1 号 40 cm
鈎針 2 号, 3 号


関連記事

category: Fair Isle

tag: FairIsle  フェアアイル  ベスト  スティーク  steek 
Posted on 2012/03/08 Thu. 20:59  edit  |  tb: 0   cm: 4  

黄金葉バイカオウレン。 

Coptis quinquefolia Aurea
This flower is the spring fairy.... :-)
春の妖精のような、真っ白な花が咲きました。
今日は暖かかったですが、バイカオウレンが咲いた日はとても寒くて、
まだ開花は先だとばかり思っていたので、遠目に見えた白い花が
花とは思えず、半信半疑で近寄ったら、花でした・・(^^;;
IMG_5314.jpg
I try to take a close-up photograph. please see images click.
うーん。やっぱりぼやけてるなぁ。縮小表示するからよね。
お時間のある方はどうぞ元画像を出してくださいね。

2012-01-26
IMG_5005.jpg
黄金葉といっても、夏から秋は徐々にグリーンが強くなってきます。
春から初夏の新芽の色は輝くような黄金色になりますが、新芽が芽吹く頃は
出来るだけ日に当ててあげると葉色が色濃く綺麗になってくれます。
画像は真冬の寒さに耐え忍ぶバイカオウレン。
一部紅葉していますね。
IMG_5007.jpg
ここは夜になると - 5 ℃ くらいまでは軽く下がるので、
鉢の土も連日凍ったままです。
花芽が出来ているか心配でこの日はそーっと葉を掻き分けて見てみました。
小さな丸い粒がたくさん確認できたので一安心。

2012-02-18
IMG_5263.jpg
寒さに負けずによく頑張ってくれました (^^*
花茎が葉と同じくらいの高さまで伸びてきました。

2012-02-24
IMG_5313.jpg
前日に結構強い雨が降ったので、丸一日様子を見ていませんでした。
雨が上がった 24 日、外に出てびっくりΣ(・ω・ノ)ノ!
あっという間に咲いちゃいました。

明日からまた寒さが戻ってくるようですが、
三寒四温で、確実に春が近づいてきていますね。
あともう少しの辛抱です。

春が待ち遠しいですね。
関連記事

category: perennial

tag:   黄金葉  バイカオウレン 
Posted on 2012/03/07 Wed. 20:25  edit  |  tb: 0   cm: 12  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。