スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

白い花でもどうぞ (^^ ♪ 

夏休みはまだ始まったばかりで、
なんだか落ち着いてブログの更新も出来ず・・(^^;;
夏の間はポツポツ花が咲くものの、アップするほどの花でもなく、
こうして少しずつ春の花をアップしていきますね。

暑い日が連日続くと白い花が見たくなりませんか?
今日はロクベンシモツケです。

Filipendula vulgaris Plena
2013-05-12
380_2716.jpg
いつもと同じくらいに蕾があがってきました。

2013-05-16
380_2808.jpg
咲き始めの頃・・。

2013-05-23
380_2912.jpg
八重の花が一段ずつ、ゆっくりと花開く姿は本当に美しいですよ。

380_2914.jpg
ステムは細くて、これくらいならまだ垂れずに頑張ってくれますが・・

2013-05-27
380_2960.jpg
これくらい満開になると、花の重みで枝垂れて咲きます。
細い木の枝で支柱をしてあげると、綺麗に咲きますね。

2013-05-29
今年は風があまり吹かず花は意外とよくもちましたが、
いつもは風が吹くたびにハラハラと花びらが飛んで、
あたり一面真っ白にしてしまいます。
380_2966.jpg
花はあっという間に咲いて散るという感じ。
健気で潔くて、花の印象とは違って性質的には竹で割ったような
さっぱりした花です。

水遣りも殆どしていません。
夏季、雨が一週間ほど降らないときは、軽くあげる程度にしています。
日向にいますが、ずっと元気に毎年花を見せてくれます。
関連記事
スポンサーサイト

category: perennial

tag:   宿根  ロクベンシモツケ 
Posted on 2013/07/31 Wed. 11:52  edit  |  tb: 0   cm: 2  

Jingle Bells Xmas Tree Farm 

真夏にクリスマスものもどうかと思ったのですが、
この間仕上げた作品をスクロールフレームからはずして片付けようとした時に
見てはならないものを見てしまったのでw、急遽再開しました。

たしか前にアップしたのは 1 年以上前でしたね・・(^ω^;;
そのときの記事は こちら。
何度も忘れ去られながらも、クローゼットの中でしっかり眠っていました。
やっと日の目が見られます。

Jingle Bells Xmas Tree Farm
完成~♪ (*^ω^)ノ∠※PAN!
380_3847.jpg
クローゼットの中から引っ張り出して完成まで 3 日でした。
こんなんだったらもっと早くに片付けとけばよかった。

前回の記事は半分のところで終わっていたので、ここからはその下を
いくつかアップしていきますね。

これがその下半分。
上半分よりもあっさりめなデザインですが、
ビーズ付けあり、特殊ステッチありと賑やかです。
380_3844.jpg

リースが付いたハウスと雪だるまと大木。
380_3832.jpg
ハウスは一段ずつ色を変え、雪だるまはバックステッチでにんじんの鼻を刺します。

ビーズはひとつずつ糸に通して刺していきます。
380_3833.jpg

豪華な木の完成です。
380_3834.jpg
横の白い木と十姉妹も手強かったです。
細かすぎるのよね。

ソリで引っ張ってるのは、大きなクリスマスツリー。
380_3828.jpg
こちらもビーズがたくさん付いています。
ステッチだけでは、煌びやかなイメージが出せませんから
こういう作品はビーズが必要なのですね。
ビーズ付けは疲れたけど、少しずつ豪華に彩られていくのは
見ていてもとても楽しかったです。

いろんな木。
これはなに? 松??
380_3824.jpg

これもよく分からない木ですが、とても綺麗な木でした。
380_3829.jpg

上にも出てきた大木。
これは作品の中に複数出てくるので刺し易かったです。
380_3825.jpg

思ったよりも小さな作品なので、額装せずにベルプル仕立てにしようと思います。


真夏のクリスマスもの。
少しは涼しい気分になれたかな。

The Victoria Sampler
Copyright 2005 by Thea Dueck

stitch count: 179h X 72w
Design size: 12.75"h X 5.1"w ( 33 cm X 13 cm )
Fabric: Zweigart 28ct Smoky Peal Cashel Linen

Fibres and Beads:
DMC #12, DMC #8, Kreinik Mori
Gloriana silk, Gentke Art, Au ver a Soie
Needlepoint Inc
SJ Designs petite bead
Mill Hill seed bead
関連記事

category: Victoria Sampler

tag:   Jingle_Bells_Xmas_Tree_Farm  クロスステッチ  クリスマス 
Posted on 2013/07/27 Sat. 11:07  edit  |  tb: 0   cm: 2  

3 年育てた結果。 

夏休みに入ってからの宿題計画・・
わたしが小学生だったころは、早く仕上げて残りの夏休みを
宿題を気にせず過ごしたい一心で、早々に片付けちゃったりしましたが
チビはそんなことはお構いなしに、朝からパズドラに興じるという
余裕っぷりを見せてくれています。あとで泣きをみるのはあんただよ、と
生暖かく見守ろうかと思いましたが、甘いかなぁ・・笑
7月中には、ポスター 2 枚、書道、読書感想文を済ませるよう
お尻を叩くことにしました。


Dictamnus albus var. albiflorus
ディクタムヌス アルブス アルビフロラス
国内では殆ど流通がなく、直立した花茎をたくさん上げ美しい姿に、
一度見たら忘れられないほどのインパクト・・となると
これは咲かせてみたいと思い 1 ポットお迎えしたのが 3 年前。

で、育てましたとも。
『 生育はきわめてゆっくり。気長に育ててください。 』 の言葉どおり
本当に動きがなく、ほんとに花が咲くまで辿り着けるのか
自問自答しながらの 3 年間でした。


2013-04-21
何やら花芽発見。
うーん、白じゃないけど蕾はこんな色なのかな?と思ってた頃。
380_1824.jpg

2013-05-01
膨らみ始めた蕾もなんかピンクじゃん? これから白くなるの?(´・ω・) と
まだ疑い深く花芽を観察していた頃。
380_2153.jpg

2013-05-13
白じゃないじゃんっっ! とガッカリした頃。
380_2661.jpg
うーん、どう見ても白じゃない。ピンクだなぁ。
それにピンク地にドギツイ模様入り。
いや、待て、この模様、意外と好きかもしんない・・
でもやっぱり白花が見たくて 3 年間も育ててきたのにな・・という思いが強くて
素直には喜べなくなっちゃいました。

Facebook でこの写真をアップしたら、意外と評判がよくて
その気になってきた私 w
このピンクも、たくさん咲いたら見事になるかもしれませんね。

調べましたら、この花は Dictamnus albus var. purpureus
ディクタムナス パープレアと判明しました。

せっかくのご縁ですから、仲良くしたいと思います。
関連記事

category: perennial

tag: ピンク  ディクタムナス 
Posted on 2013/07/25 Thu. 11:56  edit  |  tb: 0   cm: 0  

完成です。 

夏休みですねー ( チビが・・ ) その分わたしが忙しくなって大変なんですが。
何が一番しんどいかって、宿題を計画通り進められるようにお尻をたたくこと。
あとはお昼ご飯、なに作ったらいいのーって。
お茶漬けだけじゃあねぇ・・。普段は簡単に済ませられるのにな。

夏休みに給食宅配してくれるサービスどっかにないかな・・( ̄▽ ̄;;
これ、絶対うけると思うんだけど。

最後が見えてくるとセッセとステッチすることができました。
このページがいちばん、バックステッチも少ないし、
あのホップもないし、早く出来ました。


THEA GOUVERNEUR -- Wilde kruiden Herb Panel --
Chart No. 6

最後のチャートでいちばん大変だったのは、このアルケミラでしょうか。
花部分だけで、クリーム、黄、黄緑、、と微妙に違うトーンの色をざっと 7 色。
微妙な色の組み合わせでこの花は表現されています。
細いステムをバックステッチしてやっとアルケミラらしくなりました。
380_3785.jpg

細く涼やかな黄緑の葉は色飛びはあまりなくて刺し易かったです。
これは、なんの葉かなぁ~?
385_3809.jpg

ボリジの花も、どうなることやらでしたが、
刺してみるとちゃんとボリジに見えて安心しました。
380_3804.jpg
Borago officinalis
和名:ルリチシャ、パープルスター、ルリジサ.
副腎を強化する働きがあり、萼を除く全草が食用として利用されます。
ボリジの青色の花は、昔の画家が聖母マリアの青い衣装を書くときに、
この花の色を色見本として用いていました。
鮮やかな青色の花はそのまま摘んでケーキの飾り付けやティーに浮かべて利用できます。

これが完成の図。
380_3805.jpg
額装、どうしようかなー。


THEA GOUVERNEUR -- Wilde kruiden Herb Panel --
Design : TTHEA GOUVERNEUR

92 color
関連記事

category: Thea Gouverneur

tag: ハーブ    クロスステッチ  crossstitch  Thea  テア 
Posted on 2013/07/22 Mon. 14:16  edit  |  tb: 0   cm: 2  

球根お譲りします。 

2 名に達しましたので締め切らせていただきます。
どうもありがとうございました。


原種フリージア レフラクタ・アルバ の球根を、2 1 名の方にお譲りいたします。

※ 1 名エントリーありましたので、残り 1 名です。

白い花がたくさん咲きます。おまけにいい香り ( ̄∞ ̄) ♪
放置でどんどん増えますよ。


以前の記事に球根が欲しいと手をあげてくださった
おたねさんの分は、確保しています。

まずは コメント欄にエントリーしてくださいね。
ご住所等、送付先については、
鍵コメか、左メニューの Contact me
クリックして出てくる、簡易メール機能をお使いください。

先着 2 名をもって、締め切ります。

どうぞよろしくお願いしまーす。

category: distribution, exchange

Posted on 2013/07/21 Sun. 12:00  edit  |  tb: 0   cm: 4  

フリチラリア・グラウカ。 

今日は朝から投票に行ってきました。
思ったより人が多く、受付に列が出来ていました。
それでも選挙に行くという人は減ってきているんですね。

若者が投票に行かないことについて[反応・理由]
ここ読んで唖然。
今はこんな若者ばっかりなのか・・。

わたしはというと、小さい頃から選挙のたびに両親について投票所へ行ったり、
若い頃にあるご縁があって、元外務大臣の選挙事務所のお手伝いに何度か行ったこともあって
選挙に行かないという考えは一度も起こらずここまで来ました。

むしろ、そのご縁がきっかけで、政治に対して、国に対して少しは考える機会が
増えたりもしたので、それはそれでよかったのかもしれない。
いろいろ考えどころがあるでしょうが、今日は選挙に行きましょう。ねっ。


今日の花は 3 年目にしてやっと咲いた、フリチラリア・グラウカです。

Fritillaria glauca
ユリ科
北半球の温帯地域に約 100 種が存在する。
栽培は難しく、夏越しに失敗することが多々ある。
よくやらかすのが、腐らせて芽が出てこない・・など。
堀りあげて管理する場合は、球根が乾燥しないよう、
おがくずやミズゴケに包んで乾燥を防ぐこと。

2013-04-17
380_1703.jpg
今年もダメか・・と諦めかけていたら出てきました。
色ないじゃん!とがっかりした頃。

2013-04-20
380_1786.jpg
うっすら花色が現れてきました。
初めての花が咲くときは、毎日何度も観察しちゃいますね。

2013-04-25
380_1917.jpg
臙脂色のようななんともいえない色になりました。
黒百合よりも赤っぽい色です。

2013-04-27
むちゃくちゃ大人っぽい花が咲きました。
大鉢に突如咲いた、フリチラリア・ミハイロフスキー の半分ほどの小さな花です。
380_1957.jpg
夏越しはいつも鉢に入れたまま、忘れた頃に適当に水やってます。
ドバドバあげないことが腐らせないコツかな。
かわいがらず、適当に・・がいいのかもしれません。
関連記事

category: other bulbous plants

tag:   フリチラリア  球根 
Posted on 2013/07/21 Sun. 11:30  edit  |  tb: 0   cm: 0  

西洋ツユクサ。 

今日はチビの学校は給食が最後の日。
明日は終業式で長ーい夏休みに入ります。
どどど、どうしよう。お昼ごはん毎日何食べさせたらいいんだw
わたし一人ならお茶漬けで済んだけど、そうもいかなくなるね・・(´・ω・`)

春から咲き続けている西洋ツユクサがまだポツポツと咲いています。
ロングランで咲いてくれる花は、ありがたいですね。


Tradescantia 'Sweet Kate'
セイヨウツユクサ・スイートケイト
英名: Spiderwort

2 年ほど 地植えで楽しみましたが、隣にホスタ・ハイドンサンセットがいて
窮屈になってきたので、思い切って堀り上げました。
今年は大鉢で頑張ってもらいましたよ。

2013-04-11
見事なまでの黄金葉。
芽出しの美しさは格別です。
380_1426.jpg

2013-05-14
明るいライムグリーンの葉が春の陽射しに輝いていた頃。
380_2718.jpg
無事花芽も見えてきました。
380_2720.jpg
いくつか咲き始めました。
小さい頃に田んぼのあぜ道で見たツユクサとは全然違う花です。

2013-05-28
ひとつの花はとても短いですが、次々咲くので花は絶えません。
380_2851.jpg
花も葉もこの頃がいちばん輝いていました。

2013-06-18
気温が上がってくると葉色も少しぼやけますね。
それでも周りの緑よりも明るいトーンで、とてもよく目立ちます。
380_3229.jpg
日向より日陰の方が元気。
真夏の今は日陰に移動させました。

来シーズンは北側に地植えしちゃおうかな。
関連記事

category: perennial

tag:   黄金葉  カラーリーフ  ツユクサ 
Posted on 2013/07/18 Thu. 10:29  edit  |  tb: 0   cm: 2  

夏越し中。 

連日の 37 ℃超えの猛暑も一息つき、昨日は最高気温 31 ℃ととても過ごしやすくなり、
猛暑に慣れた体には、エアコンのいらない一日になりました。
大体、30 ℃超えで 『 今日はむちゃくちゃ涼しいね 』 と
自然に言葉に出てくること自体が異常なんだけども、猛暑続きだとそうなっちゃいますね・・(^^;;;

暫くはこの気温に慣れてしまって、次に来る猛暑に、こてんぱんにやっつけられるんでしょうけど
今のうちに涼しい夏を謳歌しようと思います。謳歌っつってもセミがいるのでうちに篭るんですけどw

今日はその連日の猛暑で絶対逝ってしまわれると思っていたフランネルフラワーが
思いのほか頑張ってくれているので、もうお花の時期は終わってしまいましたがアップしようと思います。

2013-04-07
爆低が来るというので、ポーチに取り込んだときのフランネルフラワー。
ピピという品種で、小輪で葉も細く、華奢な印象の花です。
fflower.jpg
寄せ植えして楽しみました。
左は、以前 ブログにアップした ローダンセマム・マーキュリー。

今の様子。
380_3776.jpg
株元 10 cm くらいまで切り戻し、汚くなった下葉は全て整理、
寄せ植えに使っていたものも全部どけて、単植にして管理しています。
その方が株元に風が通って、気持ちよさそうですもんね。

花は恐ろしいほどもちがよく、花柄の整理もしないままでしたが、
いくつか種が出来たので、そのままバラバラっと株元に蒔いておきました。
採り蒔きってやつですね。
380_3777.jpg
いつ蒔くといつ出てくる・・というのが分かれば適切な時期に蒔くのですが、
わたしは、わからないときは大概この方法で種を蒔いちゃいます。
フランネルフラワーの種まきで検索すると、
発芽までに時間が掛かるとか、発芽温度は 15 ℃ - 18 ℃ とか
ややこしいことがたくさん書いてありますが、
うちの場合、そのまんま種を採って蒔いて、大体 1 ヶ月ほどで発芽し、本葉も出てきました。

こんなチビちゃんが夏越せるかは微妙ですが・・( ̄▽ ̄;;

もう少し大きくなってきたら、大きめに堀り上げてポットに入れ替えた方がいいのかな。
そのまま放置で頑張ってもらうかは、もう少し様子をみてから決めようと思います。
関連記事

category: perennial

tag: フランネルフラワー  発芽 
Posted on 2013/07/16 Tue. 11:17  edit  |  tb: 0   cm: 0  

残り 1 枚。 

当地、日曜の 35 ℃から始まり、4 日連続 37 ℃を超える猛暑日が続き、
わたしはというと、朝の水遣りのあとは、殆ど家に篭りっきりの毎日です。
セミ、鳴くしね・・・(^^;;;

お陰でクロスステッチも捗りまして 笑
一週間ちょっとでチャート一枚出来ました。
このチャートが終わったらフェアアイルの片袖を・・と思っていたけど、
残り一枚となると、どうしても仕上げたい気持ちが出てきました。

THEA GOUVERNEUR -- Wilde kruiden Herb Panel --
Chart No. 5
380_3751.jpg
ね? ここまで綺麗にパッツーンとチャート一枚分が残ると
どうしてもやりたくなってきません??(*´ω`*)?

下草がちょっとややこしかったのと、延々と続く緑から黄緑の配色に、
くじけそうになりながら、チコリの青とアルケミラの黄色の花に助けられました。
380_3749.jpg

最後のチャートにもあると思っていた大嫌いなホップは
なんとこのチャートで終わりだということがわかって嬉しくてしょうがなく・・笑
380_3750.jpg
最後のバックステッチに気合が入りましたよ。

残りのチャートはホップもないし、下草もそんなに大変じゃなさそうなので
一気に仕上げたいと思います。

ポリジの花を最後に咲かせたら完成・・かな。

THEA GOUVERNEUR -- Wilde kruiden Herb Panel --
Design : TTHEA GOUVERNEUR

92 color
関連記事

category: Thea Gouverneur

tag: ハーブ    クロスステッチ  crossstitch  Thea  テア 
Posted on 2013/07/12 Fri. 19:15  edit  |  tb: 0   cm: 2  

NZ パープルの越年株。 

昨年みーさんからいただいた NZ パープルのその後です。
無事に冬を越し、春には真っ赤な葉を広げてきました。

Ricinus communis 'New Zealand Purple'
トウダイグサ科 トウゴマ属
非耐寒性一年草
和名:ヒマ ( 蓖麻 ) トウゴマ ( 唐胡麻 )
英名:Castor bean

2013-03-31
380_0879.jpg
何枚かの葉を残したまま越冬しました。
真っ赤な葉がとても綺麗でした。

2013-04-20
380_2541.jpg
昨年花が咲かないまま終わってしまったのが原因かよくわかりませんが、
葉が展開してすぐに花芽が出来始め、なんと春に花を咲かせました。
ヒマの花ってたしか夏でしたよねぇ・・(・∀・;??

2013-05-24
380_2544.jpg
寒の戻りがあったり天候不順だったりで、一ヶ月以上花を咲かせ続けました。
IMG2954.jpg
最初に咲いた花はすでに種が膨らんできました。

2013-07-08
IMG_3732.jpg
真っ赤な葉もだいぶ黒緑っぽく大きな葉になってきました。
お庭のどこに置いてもすごい存在感ですよ。


関連記事

category: annual

tag: NZパープル  カラーリーフ 
Posted on 2013/07/09 Tue. 09:42  edit  |  tb: 0   cm: 2  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。