スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

術後 7 日め と 8 日めと退院の日。 

10/22 (月) 術後 7 日
今日はいよいよ洗髪の日です。
頭部のオペなので当然、長い間シャワーを浴びることが
出来ないのは分かっていたので入院前に綺麗に散髪しておきました。
お陰で髪の毛が固まったり、いやな匂いを放ったりすることもなく、
この日を迎えることが出来ました。

いつもどおり起床、朝食が済んだあと、
外来に入る前の主治医が部屋に顔を出してくれました。
『 今日か明日の時間がある時に抜糸しようね。 』

退院は抜糸の時期によって前後しそうですが、明日か明後日には
退院となりそうです。

11:00 シャワーの前にガーゼと術創を覆っているテープを剥がそうね、と
    ナースさん登場。
    チビの顔が強張る。もう傷がくっついているとはいえ、怖いよね。

    案の定、粘着力の強い保護テープを剥がすのに大騒ぎ。
    怖いのもあるのでしょう、大泣き & 抵抗・・・( ̄▽ ̄;;;
    ナースさんもわたしもチビもみんな汗だくになってのバトル開始です。

12:00 お昼ごはんもそっちのけでテープ剥がしに格闘。
    過呼吸一歩手前までいき、慌てる場面も・・。
    泣きすぎると苦しそうにすることがあるんです。

13:00 少し残ってはいるものの、やっと剥がすことができました。
    十数センチの傷を覆ったテープを剥がすのに
    2 時間ですよ、2 時間・・ ( ̄д ̄;; 疲れました。
    遅いお昼ご飯を食べる。
    チビはというと・・・・泣き過ぎて食べられませんでした。

15:00 いよいよシャンプーです。
    美容院でシャンプーするみたいに寝転んで洗髪です。
    入院してから 8 日ぶりのシャンプー♪♪
    髪の毛、とてもよい香りがします。

17:00 抜糸を待っていましたが、主治医が救急対応だとかで
    明日にずれ込むことになりました。

    抜糸がないなら、売店へ行こう!と。
    小児病棟は最上階、売店は一階。
    エレベーターが何度も止まっては動き・・を繰り返したのが
    悪かったのか、病室へ帰ってくるなり、『 頭痛い・・・ 』 と。
    37.8 ℃ の熱発あり。氷枕もらって横になる。


10/23 (火) 術後 8 日
心配していた熱も、一過性のものだったようです。
朝には 36.1 ℃ と平熱に戻り頭痛も治まって一安心。

今日も外来前に主治医登場。
『 今日こそ抜糸するよっっ! 最後がんばってね。 』
チビ、『 はーいっっ!! 』 ・・・と、
元気に返事していたくせに、いざ抜糸となると逃げる逃げる・・。
病室から処置室へ移動するのに廊下を歩いていたら、
隙を見て部屋に走って戻り布団へもぐって隠れる。

抜糸ヤダっっ!! 』 と布団から出てこない。
ふとんを引っぺがして、力づくで連れて行くことに。
最後の足掻きなんでしょう。
でも糸つけたまま、ずっと生活するわけにはいきませんもんね。
ここは最後に頑張ってもらうしかないのです。

処置室には 主治医と研修医のドクター、
ナースさんが 2 人、あわせて 5 人の白衣来た人が待っていました。
それを見るなり、『 いやだ いやだ いやだ いやだあああああ !! 』 と
処置室に入るのを拒みました。


・・・・これだけいれば いやだよね・・( ̄▽ ̄::: 

ベッドには 横になって DVD が見られるようにモニターが付いていて、
ナースさんが優しく 『 何見る? 』 と聞いてくれているのに、
もう怖くてそれどころではなく・・完全無視っっw
しょうがないので、『 ポケモンお願いします 』 とわたし。

ポケモンが流れても、それどころではないチビ助。
『 じゃあいくよっっ!! 』 と威勢のいい掛け声と共に抜糸が始まりました。
抜糸は主治医ではなく、研修医のドクターがしたのですが、
プッチン、プッチンと手際よくはさみで糸を切り、
シュルッシュルっと糸を抜いていきます。
『 がんばれ、もう 3 つ糸とったよ 』
『 もう 6 つ取ったからね、あと少し 』
と、その都度声を掛けてくれます・・・・が、
チビはもう、怖くて仕方がない様子。
ナースさんやわたしに押さえ込まれ、身動きできず、
それを必死で解こうとする状態では声は聞こえてなかったかも。

抜糸開始から 3 分ほどで終了。
実際には短かい時間でしたが、チビにはとても長い時間だったようです。

終わってベッドから起き上がり、『 はぁーー終わった 』 とチビ。
ほんと、お疲れ様でした。母も疲れたよ。

抜糸が終わったあとは、糸で引きつれていた頭皮が解放され、
いやな感じもなくなり、楽になったようです。

『 怖かったけど痛くなかったよ。楽チンになった♪♪ 』 と
無邪気に話してくれました。
昨日からどことなく緊張していた表情は、もうそこにはありません。

いよいよ明日退院です。


10/24 (水) 術後 9 日
抜糸後、明日退院にしようね、と主治医がチビに話すと、
『 えぇぇ~、まだいる 』 と言ったチビ。
早く退院したいってお子さんが多いのに珍しい子だね、と主治医を困らせました。
聞くと、抜糸してすぐに退院は怖い、と。
術後 9 日め、さすがに傷口が開くことはないでしょうけれど、
チビがあと数日、ここにいたいという気持ちもわからんでもない。

でもここの小児病棟は、ひっきりなしに重症患者さんが入ってくる病院なので
抜糸が済んだ以上、長居は出来ないのだ。

『 ryo- みたいに、早く病気を治したい人がいっぱい待ってる。
 ryo-がいると、早く治したい子が治せないでしょ。
 ryo-はもう元気になったよ。 』 と言い聞かせ、今日の退院となりました。


『 脊髄空洞症 手術 傷 』 で検索され、
ここに来られる方がたくさんいらっしゃるようです。
次回更新のときに傷口について書こうと思います。
関連記事

category: Syringomyelia ( 脊髄空洞症 )

tag: 脊髄空洞症  手術  抜糸  術後  キアリ奇形 
Posted on 2013/01/23 Wed. 10:58  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://greenflolal.blog.fc2.com/tb.php/147-2c96adb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。