いろいろ咲いた花 ( 宿根草編 ) 

長い冬を終えて待ちわびていた春があっという間に駆け抜けていき
もうすぐ夏がやってくるような勢いで・・・
今日は幾分暑さも和らぎましたが昨日はジリジリと焼けるような、そんな暑さでしたね。

このところ、ずっとポピーばかりをアップしていて、
今まで咲いた花をアップしそびれているので、
そろそろここらでまとめアップしておかないといけないかなと・・(^^;;

とりあえず、4 月 20 日頃までに咲いた花をアップしますね。
少し長いですが、暫くお付き合いください。

Epimedium diphyllum 'Variegatum'
梅花イカリソウの斑入り種です。
何年か前にアメリカのナーセリーから送ってもらいました。
あ、お値段合わせですので、もしかしたら国内でも手に入るかもです。
380_0943.jpg
なにやら今年は斑模様が薄いような・・?

こちらは、斑入り種ではない、普通種の梅花イカリソウ。
380_1308.jpg
斑入り種も普通種もお花は同じです。
380_1428.jpg
満開・・♪
イカリソウにもいろいろとあって、
花色も形もそれぞれで、コレクターがいるほどですね。
わたしも一時期嵌りかけたのですが、結局は白いこの梅花イカリソウの
丸くて優しい花形に惹かれ、この種に落ち着いてきたところです。
でもお友達が、この間 FB で、イチゴミルク色のイカリソウをアップされていて・・
それがとても可愛くて、今度ご縁があれば、買ってみようかなと思っています。
380_1720.jpg

Phlox stolonifera 'Sherwood Purple'
ツルハナシノブも宿根草の花壇の間を縫って伸びた蔓から
たくさんの花を咲かせてくれました。
380_1314.jpg
微妙な・・・ほんとに微妙な色合いなんですよ。
ピンクだかブルーだか紫だかよくわからない色なんですが、
マットで落ち着いた色合いなんです。 不思議。
380_1907.jpg
後ろのブルーグレーの葉に小さな蕾が付いているのは、オンファロデス・リニフォリア。
この間星模様のオンファロデスをアップしましたが、これは白い花。
一年草なので、また今度の機会にアップしますね。


Nemesia Sweet Princess Blush
流通名は、宿根ネメシア・プリティードール
この春の新商品ですが、昨秋の試験販売の時に手に入れました。
昨秋ギャザリングに使い、早春にリメイクした際、
思いっきり短く剪定しておきました。
380_1140.jpg
ものの 2 週間ほどで小さな蕾を無数に付け始め・・
380_1448.jpg
あっという間に開花です。ヽ( ゚∀゚)ノ ハヤイ!
380_1801.jpg
4 月の終わりにはほぼ満開になり・・
380_2027.jpg
5 月の初旬には花で埋め尽くされました。
花色の変化・・気付きました?
咲き始めは赤みがつよくて、ピンクっぽい花色で咲いていたのですが、
満開になるころには、紫色になりました。
気温の変化が花色にも影響するのかどうかよくわからないんですが、
二度楽しめた感じがして、得した気分になれました。
380_2243.jpg
また咲いてもらいたいので、そろそろ剪定しましょうかね・・(*´∀`*)


Anemone flaccida
勝手に生えてもう何年になるでしょう。
ずっと葉だけだったのが、今年初めて咲いたんですよ。
調べたらニリンソウと判明・・というわけです。
380_1454.jpg
水色の小花はブルンネラ。
また今度アップしますね。

Anemone nemorosa 'Flore Pleno'
八重咲きイチリンソウも今年になって突然咲きました。
380_1735.jpg
クレマチスの株元に春になったらワーッと葉だけが出てきて
真夏にはいつの間にか消え・・を数年繰り返し、
今年初めて咲いたってわけです。
FB で写真をアップしてこの子はだーれ?とお聞きしたら
ものの数秒で 笑 お名前が判明しました。
もの知りさんが多くて、頼もしいです。


Anemone coronaria double Lord Lieutenant
380_1568.jpg
園芸関係のお仕事をされている方が、オランダのフラワーフェスティバルの
お土産にと、球根をたくさんくれたのです。
実はアネモネを植えるの苦手で・・笑 
カチカチの球根を吸水させるときにいつも失敗しちゃうんですよね。
このアネモネも、一度吸水させたあと、油断したらまた固くなっちゃって
植え時を逃して真冬になってからダメもとで落葉樹の下へ慌てて植え込んだものです・・(^^;;
380_1687.jpg
正直、まったく期待していなかったので、芽が出てつぼみを付けたときは
驚きと感動と嬉しさで飛び上がりそうでした・・(^^;;
380_1734.jpg
綺麗な花が咲きました。
380_1737.jpg
この球根からは、淡い色合いの一重のアネモネも咲きました。
可愛らしい感じの花ですね。


Erigeron Karvinskianus
エリゲロン:和名は源平小菊と言いますね。
380_1365.jpg
もうずーっといる古株さんです。
途中何度も何度も株分けされ、種を飛ばし、あちこちで咲いています。
お隣にも飛んじゃって・・・かわいい花ね、と楽しんでくれているのでよかったです。
380_1724.jpg
咲き始めはピンクで、少しずつ白くなります。
380_1832.jpg
このピンクから白に変わるくらいが一番綺麗かな。
380_1991.jpg
満開時には真っ白な小花がたくさん咲きます。
一部雑草化していますが、かわいいのでそのままにしています。


Oxytropis megalantha
レブンソウ。 マメ科オヤマノエンドウ属の多年草です。
春の芽出しは特に美しい。
rebun.jpg
マメ科らしい花ですね・・。
380_1605.jpg
意外と花もちがよく、ずっと咲いています。


Ranunculus gramineus
ラナンキュラス・グラミネウス
和名はイトバラナン。
380_1706.jpg
毎年夏には葉を落として綺麗サッパリいなくなります。
そして秋になってまたひょっこり顔を出し、冬にワサワサしてくるんです。
変わったサイクルですね。
380_1784.jpg
こんな細いところで育ってます・・笑
花壇だと水が多すぎるのか、ここがいいそうです・・大笑
380_1750.jpg
グレーがかった葉に黄色い花が鮮やかです。
よく咲くいい子。


Geranium robertianum.
シオヤキソウは宿根ではないんですが・・笑
種を零し、確実に毎年花を咲かせるので、もう宿根みたいなもんです ←ヒドイw
姫フウロ、シオヤキソウ・・いろんな名前で呼ばれていますね。
可愛らしいピンクの小花を株いっぱいに咲かせてくれます。
380_1799.jpg
ブルンネラの青い小花との競演も毎年楽しみにしているんです。
380_1790.jpg
これだけ見れば可愛らしいんですけどね。
5 月になってブルンネラも終わり掛けてくると、
シオヤキソウの勢力は一層強くなり・・
380_2757.jpg
・・・こうなるわけです。
ブルンネラもホスタもかわいそう過ぎる・・な図。
380_2755.jpg
ものすごい勢いで周りの株を覆うように広がってくるので、
最初に咲いた花の種が零れた頃合を見て、引っこ抜きますww
秋には小さな芽がポツポツ出てくるので、間引いて来年の開花に備えます。

では最後です。(第 2 弾ありますけどねー)

Gentiana verna
ゲンチアナ・ベルナは昨シーズン作落ち、
今年久しぶりの開花となりました。
スイス・アルプスの三大名花のひとつというだけあって、
この花の美しさは群を抜く美しさです。
380_1820.jpg
どこまでも青く澄んだとても綺麗な青い花で、
小指の爪ほどの小さな花をたくさん咲かせてくれました。
花後はひたすら日陰の涼しい場所で過ごさせます。


ここまでお付き合いくださりありがとうございました!
諸事情ありまして、2, 3 日お休みしますが、
また近いうちに第二弾アップしますね。
関連記事

category: perennial

tag: ピンク          宿根  リナリア  エリゲロン  レブンソウ  アネモネ 
Posted on 2013/05/15 Wed. 11:26  edit  |  tb: 0   cm: 2  

コメント

やっぱりスゴイ~。
これだけいろんな草花達が咲いているんですね。
ツルハナシノブの色、不思議ですね。
こういう何色に見えるか分らないような色、大好き!!(笑)
chikoさんもピンクだかブルーだか紫かって言ってるということは、実際に見てもこういう色なんでしょうね。
圧倒されます。
花もいいけど、やっぱ葉色と葉の形が違うところが素敵だなぁって思います。
今日もいろいろ勉強できました。
ありがとうございます。

tg戸笠 #- | URL
2013/05/16 21:45 * edit *

tg戸笠さん~*

週末バタバタしていて、お返事遅くなってしまいました。
運動会も終わったし(暑かったー)
やれやれです。

お花はいろいろ咲いていますが、
急な暑さでぐったりしているものも出てきました。
人間と一緒で急な暑さには対応しきれないのでしょうね。
アナベルやクレマチスの遅咲きが
これから賑やかに咲いてくれると思いますよ^^

chiko #tHX44QXM | URL
2013/05/20 20:44 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://greenflolal.blog.fc2.com/tb.php/219-8669e5a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)