スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

術後経過を診てもらいました。 

あと 2 ヶ月で脊髄空洞症の手術をしてから 2 年になります。
毎年学校の夏休みを使って、MRI で空洞の様子と
脳外科の診察を受けて経過を見ることになっています。
今日はその経過観察の日。
一週間前の予想 ( GFS ) ではこの日は台風が上陸する日だったので
病院まで行けるか心配でしたが・・
今はまだ奄美大島辺りのようで、予定変更せずに診察を受けることができました。

まずはMRI の結果から・・
頚椎あたりの空洞は少し残ってはいるものの ほぼ消失。
胸椎あたりの空洞は経過を追うごとに縮小傾向にあります・・とのことでした。
来年もう一度 MRI による画像診断を行ったうえで、
今後の診察の頻度をどうするか考えましょう・・とのことでした。
『 とてもいい経過ですね 』 ドクターもニコニコ顔で話してくれたので
ホッと一安心です。

今日いただいてきた MRI 画像とともに、
今までの経過を残しておきます。


右:診断確定時
左:術後 3 ヶ月 ( このときの記事はこちら。 )
診断確定時に言われた 『 決して小さくはない空洞と水溜り 』 は
術後 3 ヶ月縮小はしましたが、空洞と水溜りが残っていました。
                                 ( ※画像は拡大します )
IMG9816.jpg


右:術後 10 ヶ月 術後 3 ヶ月の画像よりも更に空洞は縮小
左:それから 1 年 ( 今日 )
  一部を残してほぼ消失。ε-(・´∀`・)ヤッター!!
  小脳の位置もとてもいいそうです。
                                 ( ※画像は拡大します )
DSC05371.jpg
ただ、手術した時期が小さかったこともあり、成長段階で何かの原因により
減圧が上手くいかなくなった場合は、空洞が大きくなってしまったり小脳が
下がってきてしまったりする可能性も捨てきれないとのことで・・
症状の出現、再手術と心配は消えることはないのですが。

ドクターは来年何もなければ暫く何もしなくていいとは言うのですが、
症状出てからじゃ遅いので、
母親としては毎年何もなくても診てもらいたいというのが本音です。




関連記事

category: Syringomyelia ( 脊髄空洞症 )

tag: 手術    脊髄空洞症  キアリ奇形  術後 
Posted on 2014/08/08 Fri. 15:59  edit  |  tb: 0   cm: 2  

コメント

経過順調なによりです╰(*´︶`*)╯
医師の表情ってすごく気になりますよね^^; 先生ニコニコでホッとしますね♪
ちびくんにとって負担がさほど大きくないのであれば やはり年に一度の検査は続けたほうが親としては安心ですね(^_-)-☆

bebeベア #iU4puUNs | URL
2014/08/11 07:32 * edit *

bebeベアさん~*

おはようございます~
医師の表情って大切ですよね。
無表情なドクターも多いですが、
チビの主治医は皆表情豊かです笑

年に一度だけですし、結果異常なしでも
やはり受けておきたいなと思います。
今度先生にその辺含め話てみようと思います。

chiko #tHX44QXM | URL
2014/08/12 09:38 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://greenflolal.blog.fc2.com/tb.php/364-ae70b225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。