スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

京都へ行きました。 ( 龍安寺 )  

久々の更新になってしまいました・・(^^;;

お盆休みは毎年 「 チビの行きたいところ 」 に行くと決まっていて
今年はどこに行きたいか聞いたところ、\京都! / と。
若いのに神社仏閣が好きで、昨年 一昨年は伊勢神宮へ・・。
今年もお寺巡りか・・と思ったのですが、実は私も好きだったりするので
ハイハイとふたつ返事で京都に決まりました。

夏の京都の暑さはただものではないことは
大阪に住んでいたころから度々京都に遊びに行ったので知ってはいたんですが、
実家の父からも 「 このくっそ暑いお盆に京都行くんか笑 」 と笑われる始末。
たしかに・・暑いんだけどこの時期しかなくって笑
心して京都に行くことにしたのですが。
なんと前日からの雨でとても過ごしやすく、
じわっと汗は出ましたが、そう辛くもならず、京都を回ることができました。

亀山 - 鈴鹿の渋滞にはまり、京都に到着したのは朝の 9 時ごろ。
宿泊予定のホテルに車を置き、タクシーで移動することにしました。
チビの体調も考えてタクシーを使うことにしました。
特に真夏は電車やバスを乗り継いでの寺院巡りは大変です。
京都はこれでもかってくらいタクシーも流れていますし、小型車も多く
各寺院の駐車場の心配もしなくて済みます。

ホテルの近辺から順番に下へおりていくコースで回りました。
最初はここ、龍安寺。
それにしても京都のタクシーのおじさまはお話が上手ですね。
龍安寺へ行く途中、「衣笠山」という山裾をぐるりとまわる 「 きぬかけの路 」 を通ったのですが、
クイズ形式で説明してくれたり、いろいろと教えてくださるので楽しかったです。
ちなみに 「 きぬかけの路 」 は、平安時代に宇多天皇が、真夏に 「 雪景色が見たい 」 と、
無茶なことを言い、この山に白絹を掛けて雪に見立てた・・という言い伝えがあるのですね。

龍安寺
DSC-07618.jpg
霧雨のようなやさしい雨、ひんやりとした朝の龍安寺。
大きな水鉢にこれまたやさしい姿でお出迎えしてくれたピンクの大蓮がとても綺麗でした。

雨に塗れた石階段。
大きな木のお陰で、雨が降っていても傘は殆どいりませんでした。
DSC07619.jpg
それにしても速い・・待てー先に行くな先に・・とゼイゼイ言いながらチビに語りかけるも
さっさと先に歩いて行ってしまいました。

靴をぬいで方丈へあがると、枯山水の方丈庭園 ( 石庭 ) が姿を見せます。
縁側に座ると不思議と気持ちが落ち着きます。
普段うるさいチビもここではとても静か。
DSC07625.jpg
どの位置から眺めても必ず ひとつの石が見えないように配置されていることで有名ですが、
ある一箇所から眺めると全部見えるんですよね。その場所を探すのにチビはあちこちうろうろ・・・笑

石庭を抜けて奥に進むと 茶室 「 蔵六庵 」 があり、
その露地にあるのが水戸藩主徳川光圀公の寄進によるものと
伝えられる 知足の蹲踞 ( つくばい ) があります。
ここに毎日のようにおいでになるような年配のおじ様が、
下りて触ってもいいんだよ、と教えてくださったので手を清めました。
DSC07631.jpg
つくばいに刻まれた 「 五・隹・疋・矢 」 は、水溜めに穿った中心の口を共有し
「 吾唯知足 」 ( われ、ただ足ることを知る ) と読むことができます。

不満に思わず満足する心を持ちなさい・・・か。
ハイ、今ある自分を不満に思わず、感謝しつつ生きていこうと思います。

方丈を出て、ひんやり冷たい空気と蝉時雨の中を歩く。
蝉怖いんですが、大木だと蝉も上の方にいるのか、まったく目にしませんでした。
DSC07638.jpg
それにしても大きくて広い境内です。

境内にはとても大きな鏡容池があり回遊庭園となっていて、歩いて回ることができます。
おしどり池とも言われるそうです。
真夏は蓮の淡いピンクと緑一色の池ですが、春は桜に初夏の頃は菖浦、秋は紅葉・・と
四季のうつろいを見るのもいいかもしれません。今度は春か秋に行ってみたいな。
DSC-07642.jpg
お天気が悪くて池の色も映えませんね・・。
たくさんの蓮が咲いていました。


関連記事

category: family trip

tag: 旅行  京都  龍安寺    世界遺産 
Posted on 2015/08/19 Wed. 15:06  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://greenflolal.blog.fc2.com/tb.php/397-04d52b54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。